肌再生医療とは

自分自身の肌細胞を注入して肌を若返らせる

 

美容クリニックで行われる治療とは

いくつになっても若々しい肌でいたいと思うのは、女性の共通する願いだと思います。今はアンチエイジングの技術も進歩していますから、様々な若返りの方法を試すことができるようになっています。

代表的なものでは、美容クリニックで行われているヒアルロン酸やコラーゲンの注入があります。年齢とともに肌が衰えてくる原因は、元々あったヒアルロン酸やコラーゲンが減ってくるから。減ってきたヒアルロン酸やコラーゲンを注入して補うことにより、若さを取り戻そうというのが美容クリニックで行われている治療方法です。

けれど、人間の体というのはそんなに単純にできていません。減ったものを人工的に補うことで解決するという問題ではないのです。美容クリニックでの治療に使われるヒアルロン酸やコラーゲンは動物由来のものですから、そもそも人間にとっては異物です。異物を体内に注入することには、リスクがあります。また、健康な体なら、異物を注入しても排除されるようにできていますから、施術の効果はそれほど長くは続かないのです。

 285555

老化を根本的に治療する肌再生医療

美容クリニックで行われている治療とは全く異なる画期的な若返りの方法が肌再生医療です。肌再生医療では、自分の肌細胞を抽出した後、約1万倍に培養・活性化し、再び肌に戻します。注入するのは動物由来の異物ではなく、自分自身の細胞。そのため、美容クリニックで行われているヒアルロン酸やコラーゲン注入に比べてリスクが少なく、安全な治療法になります。

また、注入された肌細胞は短期間に排出されるわけではありません。肌細胞は注入された後、衰えた肌組織を修復するために働き出しますから、肌組織が改善され、肌本来の若さがよみがえります。こうして、老化の速度を遅らせることができますから、アンチエイジングに大きな効果があるのです。肌再生医療は肌の老化を根本的に治療する方法。その場しのぎの美容治療とは大きな違いがあります。